曲水の宴

きょくすい-の-うたげ
(ゴクスイノエンとも
古代に朝廷で行われた年中行事の一。三月上巳(じょうし)、後に三日(桃の節句)に、朝臣が曲水に臨んで、上流から流される杯が自分の前を過ぎないうちに詩歌を作り杯をとりあげ酒を飲み、次へ流す。おわって別堂で宴を設けて披講(ひこう)した。もと中国で行われたものという。
(広辞苑より)


「曲水の宴」の由来

中国では、古来、旧暦の三月に川のほとりで、禊(みそぎ)を行う習俗がありました。純朴な古代の民衆が野山の川原に出、水を浴み身を清め、無病息災を祈る信仰でした。

それを、時の上流階級が、禊(みそぎ)の後、清流が緩やかに流れる水辺に座り、曲水に酒杯を浮かべて即興の詩歌を詠むことに発展させたのです。
それが日本にも伝わり、奈良・平安時代には”曲水の宴”(ごくすいのうたげ)として、貴族の間の年中行事となったのです。

なかでも最も有名なのが「蘭亭曲水の宴」です。
中国東晋時代の書聖・王羲之が蘭亭曲水に親交のあった人々を招いて、閑雅な一日を送ったというもので、その時の詩集に王羲之が書いた序文「蘭亭敍」(らんていのじょ)は現在でも行書学習の古典として尊重されています。

当園の曲水のほとりに石刻されている「流觴曲水」の四文字は、「蘭亭敍」の本文中より抜粋拡大し刻したもので、ここ旭川の酒蔵「男山」の庭園に、日本酒の文化と「詩と書」の文化を合流させるべく「曲水」を配しているのです。

男山 曲水の宴
昨年、男山庭園で催された
「曲水の宴」の様子
です


「曲水の宴」の楽しみ方

まず、ござの上にお座りになり、詩を読み、短冊に書いてください。
お酒が流れてきますので、竹で止め手に取ってください。
飲み干した後、酒盃に花びらを入れ小川に流してください。
そして短冊を木に結んでください。ありがとうございました。